www.ynsjfy.com

特定調停という方法も任意整理による方法と同じように、各債権を有する者に対し返金を行っていくことを前置きとした債務整理の手順です。わかりやすくいうと裁判所が処理する負債整理と考えればいいでしょう。この手順も任意整理による処理と似ていますが、破産宣告とは異なりある部分のみの負債だけを処理していくことになるので他に保証人が関与している負債以外について手続きしたい場合や自動車ローンを除いて手続きをする際等でも検討することも可能ですし、財産を手放してしまう義務がないため株式や戸建て住宅などの財産を持っていて、放棄してしまいたくない場合でも有力な選択肢になる債務整理の手続きになります。いっぽう、手順を踏んでから返済していく額と現実として可能な収入を比較し返済の計画を立てられるのであれば特定調停の手続きを進めていくほうが良いといえますが破産宣告とは違い負債そのものがクリアになるということではないため、借りている総量がだいぶあるような場合は実際問題として特定調停による選択肢を選ぶのは困難だと判断することになるでしょう。それから、この解決策の場合は司法機関が間に入りますので弁護士などのプロに見てもらわなくても不利な立場に立たされることはないということや、処理のためのお金をおさえられるというメリットは注目できますが各債権者からのきびしい催促に処理していく必要があることや、管轄の裁判所に何回かおもむく手間がかかるというような要素もあります。また、任意整理による解決との比較点ですが調停にて和解に達しない場合には求められている利息を全部付けた計画で振り込んでいかないといけないといったことや最終的には貸方に対し払っていく合計が任意整理による方法と比較して割高になることがあるという注意が必要な点もあります。

コンテンツメニュー