www.ynsjfy.com

この度は為替の市場についての根本的原因の説明をしたいと思います。為替の市場とは何かというと「直接的に金の送金をすることなく資金の受け渡しの行為を成し遂げること」を言います。普段為替の市場とはおおかた国際為替を指す人が多いのです。外国為替といえばお互いの国の通貨の引き換えを指します。海外旅行(スペイン、韓国、マレーシア、アメリカなど)など以前にしていれば当然国際の為替の体験をしたことがあるはずです。銀行の窓口で違う国のマネーに交換をしたらそれが国際為替になると思います。為替の市場を簡潔に説明すると、買おうと思っている人と売りたいと思う人の値を表したものです。銀行同士の間での取引によって確定されるものです。その銀行はマーケットメイカーと俗にいう世界中で指定されたいくつかの銀行なのです。為替レートはたくさんの見えない力を受けて休まずに変動して行きます。相場を変えて行く要因となるのはファンダメンタルズというのが言われます。ファンダメンタルズが示すのは経済動向、経済の基礎的条件とかいろいろな条件のことを指すものです。その国における経済の拡大や景気状態、物価の水準、通貨政策、国際収支統計、失業者の割合、要人発言などいくつかのことが絡み合って為替のレートは変わって行きます。ひときわ国際収支統計や失業者数は肝心なところなのです。国際収支統計というのは日本のいい方ですと財務省からの指令で日本銀行が貿易統計を基にまとめた国外との任意の時期の経済上のやり取りを記載したものです。統計は行政機関や日本銀行のHP等で確認することができます。労働者の統計・失業者数も肝心となる場合が多い一因です。特に米の雇用統計は影響します。月に一回公表され検証のねらいが幅の広いことがミソです。為替のレートの変動は国の経済の変化を示しています。経済活動の変化を読むことによって為替のレートの動向の把握が可能であると言う結論です。

コンテンツメニュー