当たり前の事ながらそれなりの期間連れ添った自分の車

車の【全損】とは名称が示すとおり自動車のすべてが故障した状態要するに走れないという状況の移動手段の車として働きをできなくなった状態で使われますが、自動車保険で言う(全損)は多少なりとも違うニュアンスが含まれています。75-8-147

自動車保険のケースでは乗用車が損傷を受けた時に《全損と分損》の2つに区別され「分損」は修復のお金が保険金内でおさまる場合を言い表し、その場合とは逆に『全損』とは修復のお金が補償金を超える場合を示します。75-5-147

普通の場合、車の修理で(全損)という場面ではエンジンに重大な損害があったり車の骨組みがいびつになっていて修復が不可能な時再利用か廃車と結論付けられるのが普通です。75-15-147

けれど、自動車事故が起こって販売会社や保険屋さんがこのような修理のお金を見積もった場面でいくら見た目がしっかりとして修復ができる状態でも修理のお金が保険金よりも大きくては何のために自動車の任意保険にお金を支払っているのか分からなくなりそうです。75-9-147

そういった場面では《全損》と決めて自動車の所有権を保険会社へ譲渡し補償金を貰うシステムとなっています。75-19-147

当たり前の事ながらそれなりの期間連れ添った自分の車で愛情があり、自費で修復して所持したいと考えるドライバーはかなりいますので状況に応じて保険会社と意見交換するといいのかもしれません。75-11-147

また、保険の中にはそのような場面が考慮されて特約等『全損』の際に特約を設けている場面が存在し、たとえ愛車が(全損)なった場合でも買い替えなど費用をある程度もってくれる場面もあったりします。75-14-147

尚盗まれた時の保険金の特約をつけていたら盗まれた車が発見できない際でも全損となり補償されるサービスになります。75-16-147

75-12-14775-20-147

コンテンツメニュー

75-4-147 75-6-147